フレッシュ食品株式会社

HISTORY

沿革

平成18年3月

創業

平成20年2月

資本金3億円へ増資

平成20年5月

第一種圧力容器(レトルト釡)新設によりロングライフ惣菜の発売

平成20年7月

惣菜日配事業の取り組み開始。365日稼働体制の構築

平成24年7月

後混ぜ真空ミキサー導入によりマヨネーズをベースとした具材入りソースの発売

平成25年7月

小袋充填機4 機導入により、マヨネーズ、ドレッシング類の小袋(5g・ml~25g・ml)の生産開始

平成25年7月

容量充填用自動包装機導入により、スタンドパックのロングライフポテトサラダ発売

平成25年8月

マヨネーズ仕込み設備導入及び耐冷・耐熱マヨネーズ生産開始

平成25年8月

惣菜日配事業から、ロングライフ惣菜製造へ移行。計画生産の移行により365日稼働体制から、土日休日体制へ変更する

平成25年9月

ドレッシング仕込み設備及び充填ラインの導入

平成26年1月

ドレッシング用ガラス瓶ラインの導入

平成27年12月

フレッシュ会(社員親睦会)発足

平成28年2月

ISO22000、FSSC22000の認定取得

平成28年2月

減資実施。資本金1億円へ変更

平成28年6月

10周年記念、北海道社員旅行を実施

平成28年9月

マヨネーズ用ガラス瓶ラインの導入

平成30年6月

新組織体制スタート。特に開発チームを増強する